ななぶんのに研究生活

週5日は常勤で勤務しながら大学院博士課程で研究道を進んでいます。研究に時間を充てられるのは週末だけという「七分の二」研究者のタマゴの活動記録です。

インフルエンザ様疾患

金曜午後に、なんとなく熱があるような気がして、早退してクリニックに行った。

前日から咳がひどかったので、インフルエンザの検査を受けた。鼻に長ーい綿棒を入れられる。結果は陰性。ほっとした。

 

翌日は午後から近隣の町に出張する予定があり、自分が主で動かしている仕事だから、ここでインフルエンザとかになってるわけにはいかないのだ。だから陰性でよかったと心底思った。薬もいただき、もうこれでだいじょうぶだろうと。

 

甘かった。

 

金曜夜から、38度、38,5度と熱が上がっていく。節々も痛い。午前1時、ついに39度。喉もカラカラで脱水症状みたくなっている。仕事を休んだときの埋め合わせ手段がないことに絶望的な気持ちになる。

 

午前4時、38度。午後7時、37度。9時まで寝ると決めて、9時にもう一度熱を測ると36.5度。

 

サラリーマンの鏡すぎる。

 

シャワーして身支度を整えて、クリーニング屋を経由して仕事へ向かう。さらにスーパーに寄って食材を買い込み、家族のためにカレーを作る。これで多少は家事も楽になるだろう!

 

まさかその夜、再び39度になるとは思ってもいなかった。