ななぶんのに研究生活

週5日は常勤で勤務しながら大学院博士課程で研究道を進んでいます。研究に時間を充てられるのは週末だけという「七分の二」研究者のタマゴの活動記録です。

インフルエンザ様疾患つづき

土曜の夕方からまたくらくらするので熱を測ると37.5度。よくこれで高速を運転して仕事に行き、買い物までして戻ってこれたものだと思う。(そのときは発熱はしてなかったと思うが。)

 

家事をあきらめてまた寝る。

 

しかし眠れない。痰が絡むし咳が止まらない。うとうとするのにすぐ目が覚めるの繰り返し。

もはや何時に測ったのかわからないけど、38.5, 39.4, 38.2 みたいな数字ばかり見た。熱を測るのも気休めでしかない。だってずっとしんどいんだし。

家族に感染しないようにマスクして寝てるのは、自分にとってもよかったと思う。口の乾きは多少押さえられたと思うから。

 

枕元にはアクエリアス。コップじゃなくて500ミリボトルが便利。これも土曜日にスーパーで買っておいてよかった。

 

子どもたちはカレーを温めたりしてそれなりに過ごせている様子。ウイルス持ってる母が下手に動くよりはその方がいい。

 

寝込んで3日目の本日はさすがに仕事を休みました。熱は37度台だけど、それ以上に上がることはなくなったので、回復にはむかっているのでしょう。

 

起要の修正も締め切りが迫ってるし、仕事も大詰めなのに、ほとほと困ってますが、無理して長引かせてもいけないと自分を押さえています。