ななぶんのに研究生活

週5日は常勤で勤務しながら大学院博士課程で研究道を進んでいます。研究に時間を充てられるのは週末だけという「七分の二」研究者のタマゴの活動記録です。

相談に乗っているはずが

旧友から相談があった。お子さんの進学問題について。

 

私なりに知っていることを踏まえて、事実と意見を分けて伝えた。

伝えながら閃いたことがある。

”今自分が説明しようとしていることは、八方ふさがりになっている仕事のヒントそものだ!”

 

そうか、だから国際バカロレアが重宝されるのか。だから今の自分の仕事があるのか。

 

細胞が突然シナプスでつながって使命に目覚めるといった感じかな。旧友に感謝!